損害請求の流れ

警察交通事故が発生したら、まずは警察が第一です。そして次に、自動車保険会社へと届け出をおこないます。この届出が受理されて交通事故の発生が承認に至ると、保険金の入金がおこなわれます。保険会社にてしっかり確認されるので、基本的には滞りなくスムーズに受け取れるでしょう。

次に、前述で挙げたような損害内容や、事故原因の調査が始まります。保証には、過失割合が大きくかかわっています。同じ交通事故でも、この割合がどのように判断されるかで、支払いや受取の額は結構左右されます。

また、一方だけでなく双方に落ち度がみられる場合は、示談交渉もおこなわれます。金銭も含めた条件を設定して、円滑にことがまとまるよう話し合います。訴訟は、起こす側起こされる側それぞれに負担が大きいです。そのため、できる限りこの時点でまとめられるよう工夫すべきです。

保険金請求には、所定の書類が必要となります。そのため一連の流れを経た後、必要書類を提出して相手保険会社からの損害賠償支払いを請求します。ただあくまでこれは示談で話がまとまったときの流れであり、訴訟手続きに達した場合はまたさらに複雑化します。

また、ケガの状態がひどい場合、すぐさまこのような手順は踏めないはずです。症状固定と呼ばれるケガが完治するまで、もしくは症状変化の起きない状態に至るまでは、示談交渉を待ってもらうこともできます。

【推奨サイト】交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所