請求できる損害の種類

損害請求といっても、治療費のみというわけでもありません。種類は細かく分類されており、主に4つが存在します。それぞれについて、詳しく知っておきましょう。

ケガまずひとつに、積極損害という種類が挙げられます。これは交通事故保証の代表的なものとなっており、内容については入院費や通院費、そしてケガ治療費などが含まれています。交通事故には大きなケガがつきものなので、特にポイントとなってくるでしょう。

次に、消極損害です。積極損害の対極のような名称となっており、内容も大きく異なります。積極障害が交通事故被害が直接的にかかわっているのに対し、こちらは仕事を休んだ分の損害という考え方が割り当てられています。つまり、事故のせいで稼げない分を補うといった意味合いです。

そして、慰謝料もまた代表的なひとつでしょう。精神的苦痛、肉体的苦痛といった感覚的な部分へのフォローとなります。交通事故被害に遭うというのは、結構な精神的負担を被ることでしょう。お金がすべてというわけでもありませんが、慰謝料の形にて保証されます。

最後に、壊された物に対する損害についてです。種類としては物損と位置付けられており、物的損害の保証となります。