保証を左右する3基準

前述の慰謝料に対する保証は、一定というわけでもありません。どの基準で請求をおこなうかによって、手に入れられる保証額は変わってきます。交通事故における基準は、主に次の3種類となっています。まずは自賠責基準です。そして、任意保険基準、弁護士基準となります。

慰謝料まず自賠責基準についてですが、保証額はそこまで期待できません。自賠責保険では、必要となる下限の慰謝料が支払われます。次に任意保険基準は、その名の通り任意保険による基準です。どの保険に属しているかは個人で異なるため、交通事故ケースによって内容は結構変わってきます。そして最後の弁護士基準は、被害者視点としては、特に魅力的といえるでしょう。なぜなら、3つの基準の中でも最高額が狙えるものとなっているためです。

ただ、弁護士などの法律の専門家が、裁判所の判例を基として専門的におこなわなくてはなりません。そのため、他の2つよりはハードルが高くも感じられるでしょう。ですが、うまくいったときのメリットは大きいです。それこそ、自賠責基準の2~4倍の請求が実現できる場合すらあるためです。これは平均なので、さらなる上が得られる可能性も大いにあるでしょう。優秀な弁護士を利用して、理想の損害請求を目指してください。最後に損害請求の流れについて説明します。