損害請求の流れ

警察交通事故が発生したら、まずは警察が第一です。そして次に、自動車保険会社へと届け出をおこないます。この届出が受理されて交通事故の発生が承認に至ると、保険金の入金がおこなわれます。保険会社にてしっかり確認されるので、基本的には滞りなくスムーズに受け取れるでしょう。

次に、前述で挙げたような損害内容や、事故原因の調査が始まります。保証には、過失割合が大きくかかわっています。同じ交通事故でも、この割合がどのように判断されるかで、支払いや受取の額は結構左右されます。

また、一方だけでなく双方に落ち度がみられる場合は、示談交渉もおこなわれます。金銭も含めた条件を設定して、円滑にことがまとまるよう話し合います。訴訟は、起こす側起こされる側それぞれに負担が大きいです。そのため、できる限りこの時点でまとめられるよう工夫すべきです。

保険金請求には、所定の書類が必要となります。そのため一連の流れを経た後、必要書類を提出して相手保険会社からの損害賠償支払いを請求します。ただあくまでこれは示談で話がまとまったときの流れであり、訴訟手続きに達した場合はまたさらに複雑化します。

また、ケガの状態がひどい場合、すぐさまこのような手順は踏めないはずです。症状固定と呼ばれるケガが完治するまで、もしくは症状変化の起きない状態に至るまでは、示談交渉を待ってもらうこともできます。

【推奨サイト】交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

保証を左右する3基準

前述の慰謝料に対する保証は、一定というわけでもありません。どの基準で請求をおこなうかによって、手に入れられる保証額は変わってきます。交通事故における基準は、主に次の3種類となっています。まずは自賠責基準です。そして、任意保険基準、弁護士基準となります。

慰謝料まず自賠責基準についてですが、保証額はそこまで期待できません。自賠責保険では、必要となる下限の慰謝料が支払われます。次に任意保険基準は、その名の通り任意保険による基準です。どの保険に属しているかは個人で異なるため、交通事故ケースによって内容は結構変わってきます。そして最後の弁護士基準は、被害者視点としては、特に魅力的といえるでしょう。なぜなら、3つの基準の中でも最高額が狙えるものとなっているためです。

ただ、弁護士などの法律の専門家が、裁判所の判例を基として専門的におこなわなくてはなりません。そのため、他の2つよりはハードルが高くも感じられるでしょう。ですが、うまくいったときのメリットは大きいです。それこそ、自賠責基準の2~4倍の請求が実現できる場合すらあるためです。これは平均なので、さらなる上が得られる可能性も大いにあるでしょう。優秀な弁護士を利用して、理想の損害請求を目指してください。最後に損害請求の流れについて説明します。

請求できる損害の種類

損害請求といっても、治療費のみというわけでもありません。種類は細かく分類されており、主に4つが存在します。それぞれについて、詳しく知っておきましょう。

ケガまずひとつに、積極損害という種類が挙げられます。これは交通事故保証の代表的なものとなっており、内容については入院費や通院費、そしてケガ治療費などが含まれています。交通事故には大きなケガがつきものなので、特にポイントとなってくるでしょう。

次に、消極損害です。積極損害の対極のような名称となっており、内容も大きく異なります。積極障害が交通事故被害が直接的にかかわっているのに対し、こちらは仕事を休んだ分の損害という考え方が割り当てられています。つまり、事故のせいで稼げない分を補うといった意味合いです。

そして、慰謝料もまた代表的なひとつでしょう。精神的苦痛、肉体的苦痛といった感覚的な部分へのフォローとなります。交通事故被害に遭うというのは、結構な精神的負担を被ることでしょう。お金がすべてというわけでもありませんが、慰謝料の形にて保証されます。

最後に、壊された物に対する損害についてです。種類としては物損と位置付けられており、物的損害の保証となります。

危険な交通事故被害

車は便利で生活を豊かにする存在ですが、一方で扱いには細心の注意を払わなくてはいけません。危険性の観点からみたとき、車は走る凶器ともいい換えられます。乗る人はもちろん、道路を渡る歩行者においても十分注意しなくてはなりません。もし注意を怠ってしまえば、大きな被害を受けることになるでしょう。

たとえば、ケガについてです。ケガといっても、日常で負うようなレベルではありません。骨が折れたり多量の出血を伴うなど、走る凶器によって負わされるものだけに、尋常ではありません。毎年死者も多数でているだけに、十分注意するべきです。

障害また、ケガ以上に深刻なのが、障害が残るケースです。交通事故に遭ったその瞬間だけでなく、以降も長年に亘り、いやそれどころか一生背負っていかなければならない負担を被るかもしれません。交通事故における被害は、とにかく危険なのです。

こういったケースで重要になってくるのが、損害請求です。ケガや障害はとても深刻ですが、十分な保証が受けられれば、治療やリハビリにおいて比較的負担は和らぐでしょう。ですが、事故直後というのはなかなかに冷静な判断はできないものです。万が一の事態が起こる以前に、正しい知識を備えておくことが大切です。

今回特集したのは、交通事故に遭ったときポイントとなる、損害請求の特徴実行するための流れです。ある程度の流れを把握しておけば、まさかの事態にも落ち着いて対応できるでしょう。ぜひ、お役立てください。